福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井県知事、原発の安全確保要請へ 経済産業省の政務三役に

  • 2011年3月15日
  • 14:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力福島第1原発での原子炉格納容器の損傷や、使用済み核燃料プールで水素爆発が起きたとみられる事態などを受け、福井県の櫻本宏安全環境部企画幹は2011年3月15日午前、県庁で緊急に記者会見し、経済産業省の政務三役に対して西川一誠知事が近く原発の安全確保を要請する方針を示した。県内で監視している放射線量のデータには異常はなく「現段階で県内への飛散はない」とした。

 櫻本企画幹は、2号機で格納容器内の圧力抑制プールが破損したことに「かなり厳しい状況にある」との認識を示した。その上で福島県災害対策本部に派遣している県原子力安全対策課の職員2人を、同部の増永裕企画幹をトップとする計3人態勢に増強し、情報収集を強化するとした。

 派遣した職員による現地での環境モニタリングは、福島原発から50キロ以上離れた地点で実施しているという。

 県は、福島県からの要請を受け15日中にも、原子力災害に備えるための防護服や防護用手袋、防護眼鏡、防護マスク、ポケット線量計などをトラック輸送する。

 一方、県内で同様の事故が起きた場合の住民避難の在り方に関しては「さまざまな課題を検討、検証していきたい」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース