福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅモニターから白煙 環境への影響なし

  • 2018年12月2日
  • 10:09
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 12月1日午後1時5分ごろ、廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、放射線管理区域外の建物にある構内監視モニターから白煙が上がった。日本原子力研究開発機構によると煙はすぐに消えた。環境に影響はなく、作業員の被ばくもなかったとしている。


 機構によると、モニターから異音と異臭がした直後に、3秒ほど白煙が上がった。敦賀美方消防組合が現場を確認し、火災ではないと判断した。


 機構はこのモニターの使用を停止し、別モニターに切り替えた。この日は使用済み燃料の取り出し作業を行っていたが、トラブルの影響はなかった。機構が今後、詳しい原因を調べる。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース