福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発再稼働判断、拙速な審議やめて 反原発団体が福井県議会に申し入れ

  • 2015年9月26日
  • 08:22
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原発の再稼働の同意手続きに関し、十分な審議を求め、福井県議会事務局の担当者に要望書を手渡す原発問題住民運動県連絡会の林事務局長(左)=25日、県議会
原発の再稼働の同意手続きに関し、十分な審議を求め、福井県議会事務局の担当者に要望書を手渡す原発問題住民運動県連絡会の林事務局長(左)=25日、県議会

 共産党福井県委員会や県労連などでつくる原発問題住民運動県連絡会は25日、県議会が関西電力高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働の同意手続きで拙速に判断せず、十分な審議を尽くすよう求める申し入れ書を仲倉典克議長あてに提出した。

 9月県議会では、県内の民間団体が提出した早期再稼働を求める陳情が、原発・防災対策特別委員会に付託された。28日に同委員会で審査される予定のため、申し入れを行った。

 同連絡会の林広員事務局長や代表委員の佐藤正雄県議ら6人が県議会を訪れた。仲倉議長は不在のため、県議会事務局の三津谷周司次長が申し入れ書を受け取った。

 メンバーらは「再稼働反対の20万筆超える署名を県に提出しており、事故が起きたときの住民避難の不安も多い。再稼働ありきではなく、県民の声にしっかり向き合ってほしい」などと述べ、慎重な対応を求めた。県内各地で公聴会を開くよう県に求めることも要望した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース