福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

使用済み燃料の取り出し再開 もんじゅ、計46体完了

  • 2018年11月23日
  • 11:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は11月22日、機器整備などのため15日から中断していた高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の使用済み核燃料取り出し作業を21日に再開したと発表した。


 機構によると、冷却材の液体ナトリウムが付着した燃料出入機(だしいれき)の先端部を洗浄し、燃料から垂れたナトリウムを受け止める「ドリップパン」と呼ばれる容器を交換した。


 使用済み燃料は21日に新たに1体を取り出し、計46体の取り出しが完了した。機構は年内にあと54体、計100体を取り出すとしている。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース