福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

小型原子炉開発日米が協力強化 両政府、覚書に合意

  • 2018年11月14日
  • 11:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日米両政府は11月13日、地球温暖化などの課題に取り組むため、原子力分野の研究開発と産業協力に関する覚書に合意した。小型原子炉を含む次世代炉開発に向けた協力関係の強化などを盛り込んだ。


 日米の協力分野は(1)革新的な原子炉を含む研究開発(2)廃炉や核廃棄物の管理(3)安全性向上(4)世界の原子力利用への貢献―など。


 研究開発分野では、民間主導で技術革新を生み出すため、国立研究機関や大学などが中長期的な計画を議論し、民間と大学の間で人材交流を進めるとした。


 廃炉分野では、商業原発、研究炉などで産業協力することを確認。東京電力福島第1原発の廃炉作業や除染についても引き続き協力することで一致した。また、高レベル放射性廃棄物の最終処分に関し、安全に管理する方法を共同研究するため、話し合いを進めるとした。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース