福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯原発3号機でポンプが故障 関電、運転影響なし

  • 2018年11月3日
  • 13:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は11月2日、営業運転中の大飯原発3号機(福井県おおい町)で10月17日、ポンプ1台が故障で停止したため、保安規定で定める「運転上の制限の逸脱」を宣言したと発表した。停止まで30日間猶予があるため運転を継続し、19日に復帰した。


 停止したのは、浄化した1次冷却水を1次系へ充てんするポンプ3台のうち1台に潤滑油を送るポンプ。17日午前4時33分ごろに警報が鳴り、同39分に逸脱を宣言した。


 調査の結果、ポンプのモーターに付いている冷却ファンの羽根が壊れており、モーターを交換して19日午前3時17分に復帰した。2015年の点検時に工具が当たるなどして羽根にひびが入ったためとみられる。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース