福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「再浄化必ずしも必要ない」 更田豊志委員長、汚染水で認識

  • 2018年10月6日
  • 11:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は5日、廃炉作業が進められる東京電力福島第1原発を現地視察し、報道陣の取材に応じた。汚染水浄化後もトリチウムなど複数の放射性物質が海洋放出の法令基準値を上回って残留している問題に関し、放出前の再浄化は必ずしも必要ではないとの認識を示した。


 再浄化は東電が処分前に実施する方針を表明している。更田氏は「科学的な意味では、再浄化と(より多くの水と混ぜることで)希釈率を上げることに大きな意味の違いはない」と指摘。「(再浄化は)絶対に必要だと規制当局として要求する認識ではない」と述べ、再浄化しなくても希釈により基準値を下回れば、海洋放出を容認する考えを示した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース