福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関電、2年ぶり減益へ 原発再稼働も値下げ響く

  • 2018年9月19日
  • 09:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は9月18日、2019年3月期の連結純利益が前期比7・8%減の1400億円になる見通しと発表した。大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働による収益改善効果はあるものの、今年7月に実施した電気料金の抜本値下げが影響し、2年ぶりの減益となる。


 大規模停電をもたらした台風21号の関連費用は、電柱など電気設備の修繕費を一定程度、盛り込んだとしている。


 一方、販売電力量は値下げ効果で1・9%増の1175億キロワット時と、8年ぶりの増加を見込む。燃料価格の上昇もあり、売上高は6・3%増の3兆3300億円と予想した。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース