福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅで保安検査開始 規制委、トラブル対策確認

  • 2018年9月7日
  • 09:50
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は9月6日、使用済み核燃料の取り出しが進む日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、3カ月ごとに実施する保安検査を始めた。取り出し作業の準備段階で多発したトラブルへの対策などを確認するとしている。19日までの予定。


 もんじゅでは7月以降、燃料出し入れ機の警報が鳴るなどのトラブルが相次いだ。敦賀原子力規制事務所の加藤照明所長は「(機構の担当者らに)不慣れが見受けられる。安全に作業が実施されているか対応を確認したい」と述べた。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース