福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

トリチウム含む水「安全な排水可能」 原子力学会が見解

  • 2018年9月6日
  • 11:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力学会の会合が5日、岡山市で開かれ、同学会など36の学会と協会でつくる「福島復興・廃炉推進に貢献する学協会連絡会」が、東京電力福島第1原発の汚染水浄化後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水の処分に関し「安全に排水できる。ため続けるには限界があり、その必要もない」との見解を取りまとめた。


 同原発では、原子炉建屋にたまった汚染水を多核種除去設備(ALPS)で浄化するが、トリチウムは除去できず残る。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース