福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

海洋放出に反対相次ぐ トリチウム水巡り公聴会 福島原発

  • 2018年8月31日
  • 13:02
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
福島第1原発のトリチウム水(イメージ)
福島第1原発のトリチウム水(イメージ)

 東京電力福島第1原発で汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水を巡り、処分方法を議論している政府の小委員会は30日、国民から意見を聞く初めての公聴会を福島県富岡町で開いた。最も現実的な選択肢とされる海洋放出など検討中の処分方法を説明。公募で選ばれた14人が意見を述べ「結論ありきで話が進んでいる」など海洋放出への反対が相次いだ。


 公聴会で福島県漁業協同組合連合会の野崎哲会長は「海洋放出は福島県の漁業に壊滅的な打撃を与え、これまでの努力を奪う。風評被害を引き起こすのは必至で、強く反対だ」と訴えた。同県新地町の漁師の男性は「本格的な操業が何年も遅れてしまう。絶対に反対」と声を荒らげた。同県いわき市の男性は「タンクでの保管も選択肢としてほしい」と述べた。


 一方、研究者の男性が「タンク保管をいつまでも続けるわけにはいかないという印象。科学的データで影響がない状態を証明した上で、海洋放出するべきだ」と述べ、一部で賛成意見もあった。


 トリチウムは人体への影響は小さいとされる。第1原発では原子炉建屋などにたまった汚染水を多核種除去設備(ALPS)で浄化しているが、トリチウムは除去できず残る。トリチウムを含んだ水は日々増え続け、現在の貯蔵量は約92万トン、タンクは約680基に上る。このままでは廃炉作業に影響が出かねないとの指摘もある。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース