福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発同時事故で避難、艦船も出動 大飯と高浜、総合防災訓練

  • 2018年8月27日
  • 13:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原子力総合防災訓練で多用途支援艦「ひうち」に乗り込む住民。奥に見えるのは高浜原発3、4号機=8月26日午前10時5分ごろ、福井県高浜町の内浦港
原子力総合防災訓練で多用途支援艦「ひうち」に乗り込む住民。奥に見えるのは高浜原発3、4号機=8月26日午前10時5分ごろ、福井県高浜町の内浦港

 関西電力大飯、高浜原発(いずれも福井県)の同時事故を想定した国の原子力総合防災訓練の2日目が8月26日に行われた。両原発の30キロ圏に位置する全1市4町の県民7457人が県内外への避難や屋内退避の訓練に臨んだ。このうち避難訓練には過去最大規模の1534人が参加し、あらかじめ定められた受け入れ先に移動した。自衛隊、海上保安庁の航空機や船舶などの実動部隊は前回訓練の2倍以上が出動した。


 京都府北部を震源とした震度6弱の地震が起きた設定で、25日の続きの部分を実施した。要支援者ら住民の一部は25日に避難訓練を行っており、残りの住民が26日の訓練に臨んだ。2日間で福井、滋賀、京都3府県の住民約1万7千人が参加した。


 県内外への広域避難訓練は2年前の前回に引き続き行われ、航空機12機、船舶7隻、自衛隊車両17台が出動した。自衛隊など実動部隊は、交通手段の限られる半島の住民を中心に搬送。前回は悪天候で出動できなかった陸上自衛隊の大型ヘリも出動し、高浜町の内浦半島の住民20人を大阪府へと運んだ。最終的な避難先は県内5市町と兵庫県の6市町に及んだ。


 敦賀湾の沖合には、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」を展開し、災害時医療拠点として活用。ヘリで運ばれた負傷者らの処置に当たった。


 福井県の西川一誠知事は「避難を行うときの実動部隊の強化が重要。(2年前と違い)天候は幸いだったが、そうでなくても、船舶や航空機が来られるような訓練となった」と講評した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース