福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

放射性物質含んだ蒸気わずかに漏れ 高浜4原発号機、環境影響なしと関西電力

  • 2018年8月21日
  • 07:34
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力から8月20日、福井県に入った連絡によると、定期検査中の高浜原発4号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット)で、原子炉容器上ぶたと原子炉内の温度を測る温度計の入った管の接続部から、放射性物質を含んだ蒸気がわずかに漏れた。原子炉格納容器内にある放射線モニターに異常はなく、環境への影響はないとしている。


 県原子力安全対策課によると、20日午後3時ごろ、原子炉上部を巡視点検していた関電社員が蒸気が漏れているのを見つけた。高浜4号機は24日の発電・送電開始に向け18日から、原子炉の温度や圧力を上げていたが、19日の巡視点検では異常はなかったという。


 同課は、「接続金具の締め付け具合やステンレス製の漏れ止め部品などが原因ではないか」としている。


 蒸気漏れを受け、関電は20日午後6時ごろから温度や圧力を下げ始め、22日中にも分解点検を行う。24日の発電・送電開始は延期することを決めた。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース