福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

油漏れ給水ポンプ部品に亀裂、交換 高浜原発4号機

  • 2018年8月21日
  • 07:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は8月20日、潤滑油が漏れた福井県高浜町の高浜原発4号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット)の蒸気発生器に給水するための「タービン動補助給水ポンプ」を調べた結果、油を供給する継ぎ手部のテフロン製漏れ止め部品に亀裂があったと発表した。


 当該の漏れ止め部品を取り換えて試運転を行い、漏れがないことを確認したことから19日午後10時40分、保安規定で定める「運転上の制限の逸脱」から復帰した。


 2015年10月の点検時にナットを締めつけすぎて、漏れ止め部品が損傷したことが原因とみられる。


 トラブルは19日午前8時11分、給水ポンプの潤滑油の油圧が下がっていることを示す警報が鳴った。床面に約2リットルの油が漏れていたため、給水ポンプは使えない状態と判断。安全機能確保のため、保安規定で定める運転上の制限の逸脱を宣言した。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース