福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

嶺南変電所の機器交換工事が終了 関電、電力安定供給へ

  • 2018年8月2日
  • 11:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
ブレーカーの役割を果たすガス絶縁開閉装置=7月31日、福井県美浜町
ブレーカーの役割を果たすガス絶縁開閉装置=7月31日、福井県美浜町

 関西電力は福井県美浜町にある嶺南変電所で約10年にわたり行っていた各種機器の取り換え工事を終え7月31日、敷地内を報道陣に公開した。変圧器などを交換し、嶺南地域や滋賀県、京阪神方面への電力の安定供給に貢献する。


 同変電所は、同社の原発や連携する電力会社から送られてくる電気の電圧を、送電ロスを考慮しいったん上げる「超高圧変電所」。電気は小規模の変電所を通って徐々に電圧を下げながら、家庭などに送られる。


 同変電所は1976年に運転を開始。設備の老朽化に伴い2008年秋から取り換え工事を行っていた。この日は、電圧を上げ下げする変圧器や、ブレーカーの役割を果たす「ガス絶縁開閉装置」などを公開した。


 新たに設置された機器はコンディションを確かめながら長期にわたり使用する予定で、変圧器は約30年の耐用年数があるという。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース