福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発事故で37億円求め提訴 福島県南相馬市の住民

  • 2015年9月17日
  • 12:11
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0

 東京電力福島第1原発事故で、一部が避難指示区域に指定された福島県南相馬市の住民47世帯151人が16日、ふるさとを追われコミュニティーも失い、精神的苦痛を受けたとして、東電に慰謝料計約37億円を求め、福島地裁いわき支部に提訴した。

 原発事故をめぐる集団訴訟の多くが、慰謝料とともにふるさとの原状回復を求めることで審理が長期化。代理人の広田次男弁護士は「請求を慰謝料に一本化することで、裁判所の迅速な判断を期待したい」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース