福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

東海第2耐震実験設備の破損を報告 原電、規制委再稼働審査で

  • 2018年6月27日
  • 13:38
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力発電は26日、再稼働と最長20年の運転延長を目指す東海第2原発(茨城県)の設備に関する耐震実験の結果を原子力規制委員会の審査会合で報告した。18~22日の実験では、原子炉建屋壁面に開けた穴に取り付ける開閉式の板「ブローアウトパネル」を閉じる設備を激しく揺らし、付属のチェーンが破損した。規制委は実験後、安全性に大きな問題はないとの認識を示し、この日の会合では、詳しい原因と対策を今後報告するよう求めた。



基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース