福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

関電高浜原発 予備変圧器 警報鳴る 3号機営業運転 影響なし

  • 2018年6月9日
  • 12:24
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 関西電力は8日、高浜原発構内(福井県高浜町)にある3、4号機の外部から受電している予備変圧器の異常を示す警報が鳴り使えなくなったとして、保安規定で定める「運転上の制限の逸脱」と判断したと発表した。原因は調査中。

 同日午後6時5分ごろ、予備の変圧器の故障や想定以上の電流が流れたことを示す警報が鳴った。関電は、同変圧器での受電ができなくなったとして同8分、安全機能確保のため保安規定で定められている運転上の制限の逸脱を宣言。定検中の高浜4号機で行っていた燃料油貯油そうの点検は、外部電源が正常でないことから中断した。関電によると、警報が鳴った当時、雷が多発していたという。同日午後11時現在、復帰はしていない。

 この変圧器は予備のため使用していない。運転上の制限の逸脱は、復帰までに30日間の猶予があるため、高浜3号機は営業運転を続けている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース