福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

売電量を右肩上がりに 関電・岩根社長、料金値下げで強調

  • 2018年6月9日
  • 12:27
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
インタビューに応じる関西電力の岩根茂樹社長
インタビューに応じる関西電力の岩根茂樹社長

 関西電力の岩根茂樹社長は8日、共同通信のインタビューに応じ、大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を受けて7月に実施する電気料金の抜本値下げにより、7年連続で減少している販売電力量を「2018年度から右肩上がりにしたい」と強調した。

 岩根社長は、工場など大口顧客向けでは4月の販売電力量が4年2カ月ぶりに前年同月比プラスになったと明らかにし「昨年8月の(前回の)値下げ以降の販売活動が実った」と分析。減少が続いている家庭向けも「都市ガスとのセット販売などでは価格面で他社に負けない」とし、家庭向けで平均4・03%となる今回の値下げで、さらに消費者にお得感をアピールするとした。

 また、九州の複数の公共施設向けに電力供給を新たに始めたと明かし「関西内外で売電をさらに進める」と強調。マンション単位で契約し、全戸に電力供給する事業にも注力する考えを示した。

 年内に候補地を示すとしている使用済み核燃料の中間貯蔵施設に関しては、「ありとあらゆる方策で(選定作業に)取り組んでいるが、現時点で申し上げる状況にはない」と述べるにとどめた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース