福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯再稼働反対へ22日集会開催決定 県民会議、関電本社前で

  • 2018年4月15日
  • 10:17
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
再稼働阻止に向けた運動方針を採択した原発反対県民会議の総会=4月14日、福井県福井市の県国際交流会館
再稼働阻止に向けた運動方針を採択した原発反対県民会議の総会=4月14日、福井県福井市の県国際交流会館

 原発反対県民会議の第42回総会は4月14日、福井県福井市の県国際交流会館で開かれ、5月9日にも再稼働する関西電力大飯原発4号機について、22日に大阪市の関電本社前で反対集会を行うことを決めた。

 総会には約60人が出席。中嶌哲演代表委員は「福島の原発事故が風化し再稼働が続けば、“第2の福島”が起こるという危機感を持っている。こういう瀬戸際に我々は立たされている」と述べた。

 脱原発を目指す有識者らでつくる原子力市民委員会の座長を務める大島堅一龍谷大教授=鯖江市出身=が来賓として出席。「原子力は大きく役割を下げている。危険な技術を使わない社会にしていかなければならない」と訴えた。

 本年度の運動方針の一つとして「原発の再稼働を許さない闘い」を採択。具体的には▽関西の反原発団体と連携を強め、自治体の枠を超えた運動づくりを進める▽全国で進む裁判闘争の勝利を目指した運動に加わる―などを決めた。

 この後、大島教授や原子力資料情報室の伴英幸共同代表らが参加して「廃炉時代を考える意見交換会in福井」も開かれた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース