福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

しだれ桜満開、春降り注ぐ 福井市の足羽神社

  • 2018年4月3日
  • 11:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
流れ落ちるように咲き誇るしだれ桜=2日、福井県福井市足羽1丁目の足羽神社
流れ落ちるように咲き誇るしだれ桜=2日、福井県福井市足羽1丁目の足羽神社

 福井県福井市の足羽山中腹にある足羽神社で、市天然記念物のしだれ桜が満開となっている。淡いピンクの愛らしい花が、約11メートルの高さから流れ落ちる滝のように咲き誇っている。

 樹齢約370年で、枝の長さは約22メートル。同神社によると28日に開花し、2日に満開となった。馬來田善敬(まくたよしもり)宮司(51)は「厳しい冬だったが枝折れの被害もなく、きれいに咲いてくれた」と喜ぶ。

 2日は家族連れやカップルが大勢訪れ、うっとりと眺めたり記念撮影したりする姿が見られた。

 母、祖母と3人で訪れた吉田茉莉亜さん(19)=同市=は「流れるように咲く姿がきれい。(しだれ桜は)花が近くで見られるからお気に入り」と笑顔で話していた。

 午後6時から同11時までライトアップしており、夜桜も楽しめる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース