福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ警報故障から復旧 基板14枚交換

  • 2018年3月17日
  • 09:09
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は16日、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で6日に発生した警報故障を復旧したことを明らかにした。基板14枚を交換した。

 6日午後2時40分ごろ、燃料取扱設備室の制御盤を点検したところ、中央制御室でプラントの異常を示す警報ランプやブザーを鳴らす装置の故障を示す警報が鳴った。調査の結果、点検していた装置以外の基板にも故障が及んでおり、全て交換した上で16日までに不具合がないことを確認した。

 昨年にも同様の点検をしていたが、その際は停電した上で作業をしていたという。停電しない点検方法に変更した結果、手順に不備があり故障を起こしたとみられる。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース