福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

745人春つかむ 福井大、県立大前期合格を発表

  • 2018年3月7日
  • 10:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
胴上げされ、福井大合格を喜ぶ受験生=6日、福井市の同大文京キャンパス
胴上げされ、福井大合格を喜ぶ受験生=6日、福井市の同大文京キャンパス

 福井大と県立大は6日、2018年度一般入試前期日程の合格者を発表した。福井大520人、県立大225人の計745人が“春”をつかんだ。

 福井市の福井大文京キャンパスでは午前10時、全4学部の合格者の受験番号が掲示された。自分の番号を見つけた受験生は「あった!」「やったー」などと声を上げ、家族らと抱き合って喜んだ。恒例のアメリカンフットボール部員による胴上げもあった。

 大雪に見舞われ、通学や試験会場までの交通手段に苦労した受験生も多く、喜びもひとしお。同大工学部に合格した金津高3年の前田駿さんは「雪で学校に行けず自宅で勉強した。努力が実ってよかった。プログラミングを勉強し、みんなが楽しめるゲームを作りたい」と声を弾ませた。教育学部に合格した敦賀高3年の岩井かん奈さんは「合格がゴールではないので、立派な教員になるためにいろんなことにチャレンジしたい」と新生活に期待を膨らませていた。

 2日に合格発表があった敦賀市立看護大を含む県内3国公立大の後期日程試験は12日にある。合格発表は福井大と敦賀市立看護大は20日、県立大は21日。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース