福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

北朝鮮の原子炉稼働継続と分析 米サイト、蒸気確認

  • 2018年3月7日
  • 09:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
2月25日に撮影された北朝鮮北西部寧辺の施設。左上から時計回りに(1)黒鉛減速炉のある建屋(2)発電施設(3)蒸気(4)明確な排水なし(5)トラック(6)使用済み燃料保管庫(エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)
2月25日に撮影された北朝鮮北西部寧辺の施設。左上から時計回りに(1)黒鉛減速炉のある建屋(2)発電施設(3)蒸気(4)明確な排水なし(5)トラック(6)使用済み燃料保管庫(エアバス・ディフェンス・アンド・スペース/38ノース提供・共同)

 【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は5日、最新の商業衛星写真に基づき、北西部寧辺(ニョンビョン)の黒鉛減速炉(原子炉)の稼働が継続している形跡があるとの分析結果を公表した。原子炉から取り出した使用済み核燃料を再処理し、プルトニウムの生産を再開した可能性があるとしている。

 2月25日撮影の衛星画像などによると、発電施設から原子炉稼働を示す蒸気が確認されたほか、付近の川に張った氷が溶けているのが分かった。

 一方で、原子炉の冷却作業を示唆する温排水が排水管から流れた形跡はなく、本格稼働したかどうかは確定できないとしている。稼働状態の判別を困難にするために、北朝鮮側が排水管を川まで延伸した可能性も否定できないという。

 周辺では車両の活発な動きも確認され、施設改善などを進めている兆候もある。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース