福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

被ばく事故、所長ら懲戒処分 原子力機構

  • 2018年3月3日
  • 08:49
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構(原子力機構)は2日、大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で昨年6月に起きた作業員被ばく事故について、管理体制に問題があったとして、同センターの塩月正雄所長ら3人を減給や戒告の懲戒処分にした。機構トップの児玉敏雄理事長は給与1カ月分の10%を返納する。

 原子力機構によると、所長のほかに、事故当日の作業計画の作成に関わったとして50代の部長級職員と40代の課長級職員をいずれも戒告処分とした。事故をめぐっては、原子力機構が取りまとめた再発防止策などを含む最終報告書を原子力規制委員会が2月に了承していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース