福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福島原発除染 月内に完了へ 帰還困難区域を除き

  • 2018年3月3日
  • 08:49
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 環境省は2日、東京電力福島第1原発事故で立ち入り制限されている帰還困難区域を除く地域の除染が今月末までに完了する見込みだと発表した。また福島県内にある約1300カ所の除染廃棄物などの仮置き場について、2020年度当初までに最大で6割程度から中間貯蔵施設などへ搬出し、4割程度で原状回復を完了する目標も新たに示した。

 除染は、避難指示の出た福島県内11市町村では国が行い、それ以外の地域では国から指定を受けた東北・関東の市町村が実施。昨年3月末までにほぼ終了したが、福島県内で一部の市町村の作業が続いていた。

 中川雅治環境相は2日の閣議後記者会見で「部分的に線量が高いところが見つかった場合にはそこを追加的に除染する」と述べ、完了後も必要に応じて対応する考えを示した。環境省は、これまでの除染で生じた土などの量を約1650万立方メートルと推計。うち福島県内は約1600万立方メートル。

 一方、現在建設中の中間貯蔵施設の用地交渉では、2月末時点で予定面積の約52・8%に当たる約844ヘクタールの用地を確保した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース