福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

敦賀原発で希塩酸漏れ 原電、周辺への影響なし

  • 2018年3月3日
  • 08:50
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原電は2日、敦賀原発2号機(福井県敦賀市)の敷地内で希塩酸約6立方メートルの漏えいが2月15日にあったと発表した。漏れは防液堤の中にとどまり、周辺環境への影響はなかったとしている。

 原電によると、協力会社の作業員が午後3時ごろ、屋外にある希塩酸タンク周辺に水がたまっているのを発見した。当日は午後から協力会社がタンクの液位計を点検しており、塩酸側の供給弁は閉じていたものの、塩酸を薄める水の供給弁を閉じ忘れたという。

 漏れた希塩酸の濃度は約2%で、排水処理設備に移して防液堤内を洗浄した。点検前のチェックリストに記載漏れがあったのが根本原因として、改善策を社内規定に反映する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース