福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

102歳自殺男性 賠償が確定へ 原発避難、東電控訴せず

  • 2018年3月2日
  • 09:46
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 東京電力福島第1原発事故による強制避難を前に精神的に追い詰められて自殺したとして、当時102歳だった福島県飯舘村の大久保文雄さんの遺族が損害賠償を求めた訴訟で、東電は1日、計1520万円の支払いを命じた福島地裁判決を受け入れ、控訴しないと明らかにした。遺族も控訴しない方針で、判決が確定する。

 原発事故の避難と自殺を巡り東電に賠償を求めた訴訟で、遺族側勝訴は3例目。東電は同日、遺族側に伝えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース