福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

北陸電力PR施設廃止へ 全7カ所、経費削減で

  • 2018年2月28日
  • 11:49
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
3月末で廃止となるエルフプラザ福井=27日、福井市
3月末で廃止となるエルフプラザ福井=27日、福井市

 北陸電力は27日、オール電化・省エネ機器のPR施設「エルフプラザ」について、福井県内の2カ所を含む全7カ所を3月末で廃止すると発表した。経営効率化の一環で、年間1億円の経費削減を見込む。

 同社は志賀原発(石川県)の長期停止による発電コストの増大などで収支が悪化しており、人件費削減など経営効率化を進めている。4月からはオール電化住宅や工場、商業施設などの電気料金を引き上げる。

 PR施設は、電気給湯器やIHクッキングヒーター、発光ダイオード(LED)照明といったオール電化・省エネ機器の展示のほか、電気料金の試算など顧客の相談窓口にもなっていた。1994年開館の金沢市を皮切りに、北陸3県で7カ所展開。福井県内では2003年に福井市、10年には鯖江市にオープンした。

 近年はオール電化・省エネ機器が普及し来館者が減少していたことや、厳しい経営状況を勘案し廃止を決めた。4月以降のオール電化・省エネ機器についての問い合わせは、福井支店(福井市)や丹南支社(越前市)で応じる。

 また同社は、所有する保養所2カ所を3月末で廃止するなど、福利厚生分野でも効率化を進める。保養所は勝山市と石川県加賀市にあり、廃止により年間1億8千万円を削減。このほか、4月から寮や社宅の利用料引き上げなども行い、年間1億2千万円のコスト削減に取り組む。

 同社は「電気料金の引き上げ幅をできるだけ抑制するため、聖域を設けず効率化を進めていく」としている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース