福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大飯再稼働の中止求め要請書 反原発団体、規制委宛て

  • 2018年2月26日
  • 08:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 福井県内の反原発団体などでつくる「大飯原発うごかすな!実行委員会」は25日、原子力規制庁の敦賀原子力規制事務所を訪れ、関西電力大飯原発3、4号機(同県おおい町)の再稼働中止を命じるよう求める、規制委の更田豊志委員長宛ての要請書を手渡した。

 同実行委は原発反対県民会議、ふるさとを守る高浜・おおいの会、若狭の原発を考える会などで構成。同考える会の木原壯林(そうりん)さんら8人が訪れ、西村正美・地域原子力規制総括調整官(福井担当)が応対した。

 要請書では▽大飯原発の基準地震動の算出法について地震学者が過小評価の疑いを指摘している▽ミサイルの危機対策が規制基準に盛り込まれていない―など6項目の問題点を挙げ、再稼働中止を求めている。

 県民会議の中嶌哲演代表委員は「北陸の雪害に対応する(原発事故時の)避難計画は大変重要。規制委のつくる原子力災害対策指針にきっちり反映させる必要がある」と訴えた。

 実行委は26日にも美浜町の関電原子力事業本部に申し入れを行う。また同日まで嶺南と京都府舞鶴市、滋賀県高島市で原発廃止を訴えるチラシ7万枚を配る。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース