福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

廃炉作業「安全確保へ一層努力」 もんじゅ、機構本部長が年頭訓示

  • 2018年1月5日
  • 07:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原子力機構敦賀事業本部の年頭式典で職員に訓示する田口本部長=4日、福井県敦賀市の同本部事務所
原子力機構敦賀事業本部の年頭式典で職員に訓示する田口本部長=4日、福井県敦賀市の同本部事務所

 日本原子力研究開発機構敦賀事業本部の年頭式典は4日、福井県敦賀市の同本部事務所で行われた。田口康本部長は、高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)の廃炉作業が今年始まることなどを踏まえ「再スタートの年。安全確保へ一層努力しよう」と訓示した。

 もんじゅや新型転換炉ふげん(原子炉廃止措置研究開発センター)、同本部の役職員約100人が出席した。もんじゅの廃炉作業に関しては4月をめどに敦賀廃止措置実証本部を新設し、廃止措置計画が原子力規制委員会から認可されれば着手する。田口本部長は「一人一人が現場力の向上を自らの活動として捉え、実証本部と現場が密に連携して安全確保を最優先に一丸となって取り組んでいこう」と呼び掛けた。

 また、廃炉作業中のふげんの廃止措置計画で本年度末までとしている使用済み燃料の搬出が困難となり計画変更を迫られていることについては「できるだけ早い時期に使用済み燃料再処理の具体的な計画を固める」と強調した。

 もんじゅの安部智之所長は「廃炉作業元年になる。進ちょくと計画を節目ごとに地元に報告し、理解を得ながら30年にわたる大事業を成功させたい」と決意。ふげんの森下喜嗣所長は「ふげんの廃炉作業で蓄積してきた知見を共有し、もんじゅとふげんが心を一つにして安全第一に取り組む」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース