福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

中部電力社長、提携を模索 電力小売り「競争厳しい」

  • 2018年1月4日
  • 10:56
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
 インタビューに答える中部電力の勝野哲社長
 インタビューに答える中部電力の勝野哲社長

 中部電力の勝野哲社長(63)は3日までに共同通信のインタビューに応じ、電力小売り全面自由化を受け、全顧客の7・2%に当たる約55万件が2017年11月末時点で中部電から新電力に切り替わったとして「家庭以外の(工場など)大口客にも切り替えの動きがあり、競争が一段と厳しくなっている」との認識を示した。

 苦戦している首都圏での電力販売を強化するため検討している大阪ガスとの提携は「決まったことはない」と述べるにとどめた。首都圏の契約は目標20万件に対し、17年12月14日時点で約15万件にとどまっている。大ガス以外の企業とも連携を模索し、首都圏の事業をてこ入れするという。

 顧客を囲い込むため「経営効率化を図り、料金をなるべく下げたい」としたが、どの程度割り引くかなどの具体的な計画はないとした。

 中部電の浜岡原発(静岡県)と同じ沸騰水型軽水炉(BWR)の東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を、原子力規制委員会が再稼働審査で合格としたことは「他のBWRの再稼働に向けた先鞭役になる」と話し、浜岡原発の審査通過に向けて期待感を示した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース