福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

オール福井圧巻の第9 県立音楽堂で公演

  • 2017年12月25日
  • 09:26
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
約380人が「歓喜の歌」を響かせた公演「ふくいの第九」=24日、福井市の県立音楽堂
約380人が「歓喜の歌」を響かせた公演「ふくいの第九」=24日、福井市の県立音楽堂

 オーケストラから合唱、ソリストまで“オール福井”の出演者による公演「ふくいの第九」(福井新聞社後援)が24日、福井市の県立音楽堂で開かれた。県民でつくる「ふくいフロイデ合唱団」と福井交響楽団の計約380人が「歓喜の歌」を響かせた。

 合唱団は第九合唱の復活を目指し昨年できた「ふくいフェニックス合唱団」を引き継ぐ形で、新たなメンバーを加え、中学生から80代まで、男女約320人で結成。夫婦や親子、親・子・孫の3世代での参加者もいる。

 この日は合唱団約300人、楽団約80人が参加。今年8月から練習してきた合唱団のメンバーは、楽団の洗練された演奏に合わせ、声高らかに、ベートーベン作曲の交響曲第9番を歌い上げた。

 オーケストラを取り囲むように配置された300人の歌声は圧巻で、ソリスト4人の伸びやかな歌声とともに、約1300人の観客を魅了した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース