福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

エネ拠点化35億円 研究炉調査倍増2000万円

  • 2017年12月23日
  • 09:22
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 福井県のエネルギー研究開発拠点化計画の関連事業(文部科学省関係)は、本年度比約16億円増の35億1千万円。増額はもんじゅ廃炉経費分で、実質的には本年度とほぼ横ばいとなった。

 また、もんじゅ敷地内に新設する試験研究炉の調査検討費用として、概算要求通り本年度比900万円増の2千万円が盛り込まれた。試験研究炉は2022年の詳細設計へ向け、文科省の作業部会が検討を進めている。18年度は整備運営の関係者を加え、研究炉の仕様や共同利用促進のための運営主体の検討を深める。

 若狭湾エネルギー研究センター(敦賀市)と理化学研究所の共同研究に使われる「電源地域振興促進事業費補助金」は全国枠で本年度と同額の18億円。福井県分は6億8千万円を見込み、県内特産物のDNA情報のデータベース化といった研究に取り組む予定。

 拠点化計画の中核に位置付けられるもんじゅが廃炉となり、拠点化計画の見直しが必要となっている。県は本年度の推進会議を年度末に開き、研究炉の検討の進捗(しんちょく)などについて国から報告を受ける。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース