福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

部品調査専門委で結果確認 大飯原発、神鋼データ改ざんで

  • 2017年12月16日
  • 08:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

大飯原発部品調査 専門委で結果確認 神鋼データ改ざん

 福井県会は15日、予算決算特別委員会を開き、小寺惣吉委員(県会自民党)ら10人が質問した。神戸製鋼所の製品データ改ざん問題を受け、部品の調査が行われている関西電力大飯原発3、4号機について、理事者は「関電は来年1月を目途に調査を終了するとしており、県は結果の報告を受ける」とし、県原子力安全専門委員会で確認する考えを明らかにした。佐藤正雄委員(共産党)への答弁。

 関電はこれまでに、原子炉格納容器や1次冷却材配管など安全上重要な設備は問題がないことを確認。新規制基準に対応する大容量ポンプの分岐配管などに使われている部品の安全性を確認している。

 理事者は「各事業者は11月9日、神戸製鋼からの聞き取り結果で改ざんが行われた製品は使われていないことなどを規制委に報告した。福井県もこの段階で関電から同様の説明を受けている」とした。

 データ改ざん問題の影響で、関電は大飯3、4号機の再稼働を当初の計画から2カ月遅らせた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース