福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

機構理事長「地元信頼へ安全最優先」 もんじゅ廃炉申請で職員に訓示

  • 2017年12月7日
  • 08:52
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
職員らに訓示する原子力機構の児玉理事長=6日、福井県敦賀市のもんじゅ
職員らに訓示する原子力機構の児玉理事長=6日、福井県敦賀市のもんじゅ

 高速増殖原型炉もんじゅの廃炉計画の認可を申請した日本原子力研究開発機構の児玉敏雄理事長は6日、福井県敦賀市のもんじゅで職員ら約200人に訓示した。「使命である廃炉作業が地元から信頼され、安心をいただくためには、約束通りに、安全最優先にしっかりと取り組む姿を示すしかない」と呼び掛けた。

 児玉理事長は廃炉作業に向けた心構えについて「一人一人が今なすべきことは何かを自覚し、実行に移し、力を合わせて臨まなければならない」と強調。もんじゅの現場状況は「最近は(職員が)より前に進もうとしている手応えを肌で感じている」とした上で「元気を出し、未来をしっかりと描きながら進んでいこう」と現場力の向上を誓った。

 児玉理事長は終了後、記者団に「廃炉作業は日々状況が変わっていくので、現場が自ら考えて改善・改革し、対策することに価値を見いだしていくような運営管理をしていきたい」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース