福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

再稼働反対500人訴え 大飯3、4号 地元で集会やデモ

  • 2017年12月6日
  • 09:01
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
「大飯原発動かすな」などと声を上げながらデモ行進する人たち=3日、福井県おおい町本郷
「大飯原発動かすな」などと声を上げながらデモ行進する人たち=3日、福井県おおい町本郷

 関西電力大飯原発3、4号機の再稼働反対を訴える全国集会やデモ行進が3日、福井県おおい町内であり、全国の反原発団体の代表者らが、脱原発に対する思いなどを語った。

 集会は同町総合町民センターで開かれ、若狭の原発を考える会など3団体が呼び掛けた約500人が全国から集まった。

 あいさつで、同会の木原壯林(そうりん)さんは神戸製鋼所の製品データ改ざん問題で同原発3、4号機の再稼働が遅れることについて触れ「でたらめな部品が使われている原発を動かしていいのか」と指摘するなどし、再稼働反対を訴えた。

 また、福井から原発を止める裁判の会の島田広弁護団長が、島崎邦彦元原子力規制委員長代理らの証言を基に「関電は大飯原発の地盤に関してでたらめな評価をしている」などと語った。

 このほか、全国各地の反原発団体が「全ての原発を廃炉にするまで戦い抜く」などと決意を述べたり、各団体での取り組みを話したりした。同原発があるおおい町に住む宮崎宗真さんは「北朝鮮のミサイル攻撃の可能性や神戸製鋼の問題などが払拭(ふっしょく)されない限り、再稼働すべきでない」と語った。

 集会後、参加者は町内でデモ行進を行い、「大飯原発を動かすな」「安心安全を脅かすな」などと声を上げた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース