福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

電力OBが学生にエール 福井、原発在り方探る

  • 2017年11月18日
  • 08:48
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
原発の安全やリスクについて意見を交わす学生と電力事業者OBら=17日、福井市の福井工大福井キャンパス
原発の安全やリスクについて意見を交わす学生と電力事業者OBら=17日、福井市の福井工大福井キャンパス

 原子力を学ぶ大学生と日本原子力学会シニアネットワークの対話会は17日、福井市の福井工大福井キャンパスで開かれた。原発の国民理解について、同ネットワークのメンバーは「安全に運転するという実績を積み上げていくしかない」と語り、今後、原子力に従事する学生にエールを送った。

 同ネットワークは2006年に発足し、電力事業者やメーカーなどのOBらで構成。この日は福井工大と福井大の学生約70人と、同ネットワークのメンバー16人が参加した。▽電力源▽放射性廃棄物処分▽原子力業界の就職と将来―など、六つのテーマに分かれグループ討論を行った。

 「原発の安全・リスク」をテーマにしたグループでは、学生が「世界的にも厳しい新規制基準がある中で、安全への理解は進んでいない。どう説明すべきか」と疑問を投げ掛けた。同ネットワークのメンバーからは「各分野の専門家に分かりやすく説明してもらう」「事故が起きないように運転し、電気を送り続けることが重要」などの意見が出された。

 グループ討論に先立ち、元日立製作所理事原子力事業部長の林勉さんが「エネルギー基本計画と原子力について」と題し基調講演した。「再生可能エネルギーの太陽光や風力発電は不安定要素がある。過大な期待は危険。原子力を含め、自分の問題としてエネルギーについて真剣に考えてほしい」と強調した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース