福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅで不具合2件 機器類、放射能漏れなし

  • 2017年11月15日
  • 09:51
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で10月と11月、機器類の不具合が2件あったことが14日までに、原子力規制庁の面談記録で分かった。原子力機構は、放射能漏れやプラント運営上の問題はないとしている。

 10月6日から10日にかけ、使用済み燃料の出し入れ時に空気で燃料を冷やすための装置を点検したところ、点灯するはずのランプが1個未点灯のままとなった。再度試したところ正常に点灯した。一過性の問題か部品の不具合なのかを調べている。

 11月2日には、もんじゅのボイラーに防さび剤として注入する化学物質「ヒドラジン」が、ポンプから1リットルほど漏れた。7日に調査した結果、ポンプ全体を取り換えることを決めた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース