福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

鮮やかに色づいた“秋”収穫 あわら市の越前柿、農家が作業

  • 2017年9月30日
  • 10:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
色鮮やかに実り、収穫される越前柿=29日、福井県あわら市柿原
色鮮やかに実り、収穫される越前柿=29日、福井県あわら市柿原

 福井県あわら市の坂井北部丘陵地で29日、特産「越前柿」の収穫が始まった。農家は鮮やかに色づいた果実の摘み取りに精を出していた。

 越前柿は四角い種なしの渋柿で、「刀根早生(とねわせ)」と「平核無(ひらたねなし)」の2品種。市内の73戸が約20ヘクタールで栽培している。

 JA花咲ふくい園芸組織協議会の越前柿専門部会長、山口義雄さん(66)=同市=はこの日、妻くら子さん(62)と約10アールの畑で刀根早生を収穫した。一つ一つ色づきを確認し、はさみで丁寧に枝から切り取っていった。同JAによると今年は夏場に好天が続き、台風などの影響もなく生育は順調。山口さんは「色が濃いほど甘い。ぜひ味わって」と話していた。

 刀根早生の収穫が10月半ばごろに終わると平核無が始まり、11月初めまで続く。渋抜きした後、県内や京都へ出荷される。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース