福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

再稼働同意は視察後速やかに判断 おおい町長、大飯3、4号報告受け

  • 2017年9月5日
  • 12:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
関電の森中郁雄常務(右)から報告を受ける中塚寛町長=4日、福井県おおい町役場
関電の森中郁雄常務(右)から報告を受ける中塚寛町長=4日、福井県おおい町役場

 福井県おおい町の中塚寛町長は4日、同町役場で関西電力の森中郁雄常務から大飯原発3、4号機の安全審査終了の報告を受けた。面談後の取材に対し中塚町長は再稼働に対する同意判断時期について「具体的なスケジュール感を持っているわけではない」とした上で「町会の判断を受けた後、(現地視察で)しっかりと確認して、できるだけ早い段階で判断したい」と述べた。

 中塚町長は森中常務に対し「新規制基準に関わる全ての審査が終了し、一定の安全性が確認されたことで安心感を抱いている。たゆまなく安全性を向上させていく姿勢が非常に重要」と強調。再稼働に関しては「現地視察で事業者の安全確保に向けた姿勢と覚悟を確認する。より一層、安全確保を第一にしっかりと取り組んでほしい」と訴えた。

 また、消費地を含めた原子力政策に対する理解活動を積極的に進めることに加え、使用済み燃料対策に関して「国と連携し、早期に具体的な進ちょくがみえるようにしてほしい」と注文を付けた。面談後、記者団に対して「(安全管理の)運用面も注視しハード、ソフトの両面でしっかり確認する」と現地視察のポイントを挙げた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース