福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

8日に大飯3、4号再稼働同意 おおい町会が構内視察

  • 2017年9月1日
  • 10:03
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
7月末に工事が完了した津波防護壁(左)を視察するおおい町議=31日、関西電力大飯原発
7月末に工事が完了した津波防護壁(左)を視察するおおい町議=31日、関西電力大飯原発

 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を巡り、おおい町会原子力発電対策特別委は31日、同原発の構内を視察した。中本茂委員長は視察後、同意を妨げる課題はなくなったとの認識を示し、8日の同特別委で同意方針をとりまとめる意向を明らかにした。ほかの町議も大筋で異論はないもようで、8日の同特別委の後に開く全員協議会で議会同意が正式決定される見通し。

 中本委員長は記者団に「安全対策工事は長引いていたが、今回の視察で完全なものだと確認できた」と説明。5日の全員協議会で同意内容の素案を固め、8日の同特別委と全員協議会で最終決定する日程を明らかにした。ただ、中塚寛町長に結論を伝える時期については「まだはっきり決まっていない」と明言を避けた。

 視察には同特別委の全委員12人と、オブザーバーとして浜上雄一議長も加わり、町議13人全員が参加した。構内では▽原子炉を冷却する海水ポンプを津波から守る防護壁と止水壁▽飛来物から海水ポンプを守る竜巻対策設備▽海水ポンプが使えない場合に備えた大容量ポンプ―など新規制基準に対応した主要設備を見学し、関電の担当者から説明を受けた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース