福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

京大研究炉、4カ月測定できず 放射性物質検知器に不具合

  • 2017年8月31日
  • 07:48
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 京都大原子炉実験所は、6月に運転を再開した研究炉「KUCA」(大阪府熊取町、100ワット)で、放射性物質の漏れを検知する機器3台のうち1台が、約4カ月間計測できていなかったと30日明らかにした。他の2台で異常は確認されておらず、放射性物質の漏れはないとしている。

 京大は保安規定違反に当たる可能性があるとして、既に原子力規制委員会に報告。「再発防止に努める」とした。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース