福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福島で草刈り、復興支援一役 福井県坂井市・JAはるえ有志

  • 2017年8月24日
  • 07:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
空き地の草を刈る福井県坂井市のJAはるえ職員有志=福島県川内村
空き地の草を刈る福井県坂井市のJAはるえ職員有志=福島県川内村

 福島第1原発事故からの復興を支援しようと、福井県坂井市のJAはるえの職員有志がこのほど、福島県川内村を訪れ、草刈りに汗を流した。

 訪れたのは同JA東支店の森正三郎支店長ら9人で、7月22日に約9時間、同村役場近くの水田を埋め立てた空き地約3ヘクタールと、住民が戻る予定の空き家2軒の草を刈った。

 森支店長は「復興、放射線量低下の一助になったと思う。来年以降も継続して活動したい」としている。

 川内村は同原発から30キロ圏内にあり、事故後長らく避難区域に指定されていた。人口は約2700人で、同村によると今も約2割が村外で暮らしている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース