福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

恐竜グッズ帰省客に発信 福井駅隣接ゾーンに200種

  • 2017年8月12日
  • 09:34
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
恐竜商品のPRをする「ふくいディノ・ステーション」=11日、福井市のプリズム福井自由通路
恐竜商品のPRをする「ふくいディノ・ステーション」=11日、福井市のプリズム福井自由通路

 お盆の帰省客に向けて福井県の恐竜ブランドを発信する関連商品の販売会が11日、福井市のJR福井駅に隣接するプリズム福井自由通路で始まった。菓子や文具、おもちゃなど約200種類の商品がブースに並び、大きな荷物を持った家族連れが品定めしていた。

 北陸新幹線の県内延伸や福井国体を見据えて恐竜ブランドを強化しようと、福井商工会議所が「ふくいディノ・ステーション」と銘打って初めて企画。恐竜の商品を古里自慢の材料にしてもらい、口コミの情報拡散につなげる狙いから、帰省客をターゲットにした。

 県内の会員企業約30社が取り扱うTシャツやタオル、メモ帳、ぬいぐるみ、クッキー、コーヒー豆などを一堂に集めた。塗り絵やパズルが子どもたちには人気で、記念撮影用に置かれたフクイラプトルの恐竜パネルも注目を集めていた。

 販売会は16日まで(正午〜午後7時)。同会議所の職員がお客との対話を通じて商品ニーズを探り、各企業に還元することにしている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース