福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

女川2号機の基準地震動を了承 原子力規制委員会

  • 2017年8月11日
  • 10:20
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は10日、東北電力女川原発2号機(宮城県)の再稼働に向けた審査会合を開き、最大加速度千ガルとする基準地震動(耐震設計で目安とする地震の揺れ)を了承した。2011年の東日本大震災のマグニチュード(M)9・0をモデルとするなどした。

 審査の最難関とされる基準地震動が固まったことを踏まえ、規制委は今後、原子炉施設の耐震設計や重大事故対策が新規制基準に適合しているかどうか確認を進める。東北電は18年度後半までに防潮堤の建設や原子炉建屋の耐震工事などを終える予定だ。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース