福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

燃料プール水質検査一時期せず ふげんの使用済み

  • 2017年8月3日
  • 08:16
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は2日、本年度第1四半期の保安検査結果を公表した。廃炉作業中の日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん(原子炉廃止措置研究開発センター)=福井県敦賀市=で、マニュアルで定めている使用済み燃料貯蔵プールの水質検査が過去に一時期行われていなかったとした。県内に立地する原発での保安規定違反はなかった。

 今年2月に発覚した点検記録の修正問題について、記録書類をさかのぼって確認調査を進めていた中で発覚した。事業者は、pH値や電導度などを週1回測定する水質検査の実施をマニュアルに定めていたが、2013年12月28日〜14年1月6日、14年12月27日〜15年1月4日の2期間で測定をしていなかった。

 保安規定違反には該当せず、最も軽微な「気付き」事項として検査実施期間中の5月19日に指摘した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース