福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

原発再稼働反対アピールを採択 福島で原水禁世界大会開幕

  • 2017年7月30日
  • 10:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原水爆禁止日本国民会議などが主催する原水爆禁止世界大会が29日、福島市で始まった。東京電力福島第1原発事故の被災者や原爆の被爆者ら720人(主催者発表)が参加し「核と人類は共存できない。『福島には原発はいらない!』との声を大きくし、全国の原発の再稼働反対運動につなげていく」とのアピールを採択した。

 大会では、脱原発弁護団全国連絡会共同代表の海渡雄一弁護士が、各地で行われている原発再稼働停止を求める仮処分申し立ての状況を説明。「原発を止められるものなら止めたいという思いは多数派になっている。市民の願いが実現するのが民主主義だとすれば、脱原発は真っ先に実現しなければならない」と強調した。

 高校生平和大使の県立橘高(福島市)1年の高橋花音さん(15)は「震災は人の手で止めることはできないが、核兵器は人間が造り出したもので、廃絶することは可能なはず。世界が本当に平和になるまで声を上げ続ける」と訴えた。

 福島県内での大会は、原発事故が起きた2011年から毎年開かれている。世界大会は広島、長崎に会場を移し、8月9日まで続く。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース