福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ふげんの記録修正問題、評価了承 原子力規制委

  • 2017年7月27日
  • 09:26
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 原子力規制委員会は26日の定例会合で、福井県敦賀市の原子炉廃止措置研究開発センター(ふげん)で必要な手続きをせずに機器の点検記録を修正していた問題に関する評価を了承した。

 評価では、所定の手続きを経ずに326ページを分修正していたが、検査の判定に影響を与えるものではないと結論。問題となった環境管理課は専門性が高く、独自の方法で記録管理していたことなどを原因と特定し、施設全体の品質保証を掌握する安全品質管理課が各課の記録を一元的に管理することなどを対策とした。原子力規制庁は今後の保安検査などで定期的に改善状況を確認する。

 会合では、更田豊志委員長代理が「異動した人のはんこを借りてまで修正するのは、明らかな不正だ」と非難。田中俊一委員長は「今回は厳重注意という認識だ」とした上で、「原子力機構は次々と問題が起きており、組織全体としての問題が根本にあるかもしれないので、その点について今後どうするか考えさせてもらう」と語った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース