福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

もんじゅ廃炉、機構が準備室設置 部長級トップに10人規模

  • 2017年7月22日
  • 08:41
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 日本原子力研究開発機構は21日、人事異動を発表し、高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉計画申請に向け、同日付で敦賀事業本部に部長級をトップとする敦賀廃止措置体制準備室を立ち上げた。

 もんじゅ廃炉を巡っては、原子力機構内に実務部隊として「敦賀廃炉実証事業部門」を設置することが決まっている。準備室は同部門の組織体制の検討や、廃炉計画申請に向けた国や地元との調整、廃炉申請の取りまとめなどを担う。10人規模でスタートし、必要に応じて人数を増やす。

 ▽敦賀事業本部敦賀廃止措置体制準備室長を兼務 高速炉研究開発部門もんじゅ運営計画・研究開発センター計画管理部長 荒井眞伸▽同室次長を兼務 戦略・国際企画室理事長補佐 村田和豊


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース